WordPress

WordPressでサイトマップを作る方法【おすすめプラグイン2つ】

悩んでるひと

WordPressブログのサイトマップを作りたい。

サイトマップは読者の利便性を上げるだけでなく、SEOにも影響します。

この記事ではWordPressプラグインを使ったサイトマップの作り方を詳しく解説します。

無料のプラグインを使って記事に沿って設定するだけで、初心者でも簡単にWprdPressブログにサイトマップを設置できます。

いますぐサイトマップを設置して、ブログのアクセス数アップを狙いましょう。

サイトマップとは

地図を見ている女性

サイトマップはサイト全体のベージ構造をリスト形式で表したものです。

サイトマップを設置することで、読者や検索エンジンがサイト構造を把握しやすくなります。

サイトマップには直接的なSEO効果はありませんが、読者や検索エンジンが記事を見つけやすくなることで間接的な効果を見込めます。

WordPressのサイトマップには以下の2種類があります。

  • HTMLサイトマップ  ・・・読者向け
  • XMLサイトマップ  ・・・検索エンジン向け

なるべく両方とも作ったほうがいいですが、特にXMLサイトマップは重要なので、必ず設置しましょう。

HTMLサイトマップとは

HTMLサイトマップはサイト内にどのようなコンテンツがあるか読者に伝えるために設置します。

HTMLサイトマップを設置することで、読者が読みたい記事を探しやすくなるので、回遊率の向上を期待できます。

当ブログもサイトマップを設置しています。

サイトマップ

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップは検索エンジンのクローラーにサイトの構造を伝えるために設置します。

具体的にはコンテンツのリストや最終更新日付などを持っているsitemap.xmlというファイルを設置して、Googleのサーチコンソールに登録しておきます。

XMLサイトマップを設置することで、効率的にクロールできるようになって、検索エンジンのデータベースにインデックスされやすくなります。

プラグインを使ったサイトマップの作り方

パソコンしているひと

ではここから、サイトマップの作り方を解説していきます。

WordPressプラグインを使えばだれでも簡単にサイトマップを作れます。

まず、HTMLサイトマップを作るのであれば「WP Sitemap Page」プラグインがおすすめです

数年前までは「PS Auto Sitemap」というプラグインが定番でしたが、2015年から更新されてないので、WP Sitemap Pageのほうが安心です。

XMLサイトマップを作るなら定番の「XML Sitemaps」(旧:Google XML Sitemaps)プラグインがおすすめです。

それぞれ使い方を詳しく解説します。

WP Sitemap Pageの使い方

①WP Sitemap Pageをインストール

WordPressメニューの「プラグイン」→「新規追加」で、‘WP Sitemap Page’で検索、インストールして有効化します。

「WP Sitemap page」の設定①

②初期設定

WordPressメニューの「設定」→「WP Sitemap Page」で初期設定します。

「WP Sitemap page」の設定②

サイトマップに載せたくないページがあれば、「除外するページ」にIDを設定しましょう。

「WP Sitemap page」の設定③

③固定ページを作る

「使い方」タグに切り替えて、【wp_sitemap_page】をコピーします。

「WP Sitemap page」の設定④

固定ページを作成してショートコードを追加→【wp_sitemap_page】を貼り付けてください。

「WP Sitemap page」の設定⑤

あとは固定ページへのリンクをフッターやメニューバーに追加すればOKです。

XML Sitemapsの使い方

①XML Sitemapsをインストール

WordPressメニューの「プラグイン」→「新規追加」で‘XML Sitemaps’で検索、インストールして有効化します。
(画像は変更前の旧名称になっていますが、XML Sitemapsが表示されていれば大丈夫です)

「XML Sitemaps」の設定①

②XML Sitemapsの初期設定

WordPressメニューの「設定」→「XML Sitemaps」で初期設定します。

「XML Sitemaps」の設定②

「基本的な設定」の「通知を更新」は3つともチェックを入れましょう。GoogleとBingにサイトの更新通知をします。

「XML Sitemaps」の設定③

「投稿の優先順位」は、‘優先順位を自動的に計算しない’を選択します。
この後の「優先順位の設定」で優先度を設定しましょう。

「XML Sitemaps」の設定④

「Sitemapコンテンツ」では、以下の4つにチェックを入れましょう。

「XML Sitemaps」の設定⑤

「Change Frequencies」で更新頻度を設定します。
ブログのメインコンテンツである投稿(個別記事)の頻度は‘毎日’にしておきましょう。
クローラーがこの頻度で来るわけではないですが、重要なページを認識させるヒントになります。

「XML Sitemaps」の設定⑥

「優先順位の設定」では、サイト内の優先順位を相対値で設定します。
更新頻度と同じように投稿 (個別記事)の優先度を上げておきましょう。

「XML Sitemaps」の設定⑦

③Googleサーチコンソールに設定する

XML Sitemapsの設定ができたら、GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップのアドレスを設定します。

サーチコンソールにログインして、メニューの「サイトマップ」をクリックします。
サイトマップのURLに‘sitemap.xml’と入力して送信をクリックします。

送信されたサイトマップのステータスが‘成功しました’になっていればOKです。

「XML Sitemaps」の設定⑧

お疲れさまでした。

まとめ

この記事ではWordPressプラグインを使ったサイトマップの作り方を解説しました。

読者向けのHTMLサイトマップは「WP Sitemap Page」、検索エンジン向けのXMLサイトマップは「XML Sitemaps」を使えば誰でも簡単に作れます。

サイトマップは読者や検索エンジンの回遊率を上げる効果が期待できるので、必ず設置しておきましょう。

-WordPress
-