ブログ運営

【ブログ初心者は必見】レンタルサーバーの選び方とおすすめ3選

レンタルサーバー

この記事ではブログサイトを運営するのに最適なレンタルサーバーを紹介します。

 

悩んでるひと
ブログを始めたいので、レンタルサーバーのおすすめが知りたい。
レンタルサーバーってたくさんあるけど何が違うの?
悩んでるひと

 

レンタルサーバーってたくさんあって、結局どこのサーバーを使えばいいのかわかりづらいですよね。

この記事では、ブログに最適なレンタルサーバーを選ぶポイントおすすめのレンタルサーバーを厳選して紹介します。

 

それぞれのサービスについて特徴をわかりやすく解説していくので、自分にあったものを選んでください。

記事を読み終えれば、あなたに最適なレンタルサーバーを選ぶことができます。

 

ブログに最適なレンタルサーバーを選ぶポイント

まずはブログサイトを運営するうえでレンタルサーバーに求める重要なポイントから解説していきます。

 

最初から結論ですが、ポイントは5つです。

ポイント

  • システム障害が少なく安定してサービスを提供できる
  • 表示速度が速い
  • 適正価格である
  • WordPressのインストールが簡単にできる
  • 万が一に備えた自動バックアップ機能がある

 

では、一つずつ解説しますね。

 

システム障害が少なく安定してサービスを提供できる

まずは安定しているサーバーを選ぶことが必須条件です。

せっかく読者がブログにアクセスしてくれているのに、サーバーが落ちていたら記事を読んでもらうことができませんからね。

障害報告が少ないサーバーを使用しましょう。

 

表示速度が速い

ディスク装置やソフトウェアなどサーバーのスペックによって、表示速度が変わってきます。

表示速度があまりにも遅いと読者を待たせるだけでなく、SEOにも影響する場合があるので、なるべく速いサーバーを選びましょう。

 

適正価格である

ずっと使っていくサーバーなので、ランニングコストも気になりますよね。

とはいえ、ただ安ければいいというものではありませんし、高ければよいというものでもありません。

副業目的で真剣にブログを運営していくのであれば、月額1,000円前後のサーバーが適正価格です。

この価格帯で優良なサーバーを選べば速度も十分ですし数十万PVの有名サイトになってもサーバーを乗り換えることなくずっと運営していけます。

 

月額100円とかの格安サーバーは、この記事に記載しているポイントを満たしていない場合が多く、サービス内容に制限があったり、スペックが低すぎて速度が出ないなど、ブログを運営していくと後々問題が出てくるのでおすすめしません。

逆に月額5,000円くらいのハイスペックなサーバーもありますが、これもオーバースペックになってしまうので全く必要ありません。ただコストがかかるだけで、いいことは何もないです。

 

WordPressのインストールが簡単にできる

ブログサイトを運営するなら、WordPressのインストールは必須です。

通常はワードプレスをダウンロードしてきて、サーバーにアップロードして、セットアップする必要があって少し面倒です。

ですが、最近は管理画面からマウスでクリックするだけで、WordPressをインストールできるようなサーバーがあるので、簡単にブログを始められます。

 

万が一に備えた自動バックアップ機能がある

バックアップ機能もあると安心です。

操作を間違えてデータを飛ばしてしまった!なんていうときに、バックアップ機能があれば、書き溜めた記事を復元することができます。

 

おすすめのレンタルサーバー3選

それでは、ここからおすすめのレンタルサーバーを紹介していきます。

 

レンタルサーバーを提供している会社は数十社ありますが、シンプルに多くのブロガーやアフィリエイターが実際に使っているサーバーを厳選して3つだけ選びました

なのでサーバーの設定方法がわからなくても、ググればすぐに解説している記事をみつけられます。

 

どのサーバーも上記で解説したブログ運営に必須となるポイントは満たしているので安心してください。

 

ConoHa WING

ConoHa WINGのホームページ画像

まずはいま最も注目度の高いサーバーから紹介します。

ConoHa WING」はGMOインターネット株式会社が運営する、レンタルサーバーサービスです。

2018年に開始したばかりの新しいサービスなので実績はまだ少ないですが、表示速度は他社と比べて最速です。

 

すでに有名ブログサイトでも使用されていて、「サーバーをConoHa WINGに変えただけで表示速度が上がった。」と高い評価を受けています。

レンタル料も適正で初期費用が無料、独自ドメインも無料で取得できるのもうれしいですね。

 

  • 初期費用が無料
  • ベーシックプランで900円/月(12ヵ月契約の場合)

今だけ!

2021年7月5日(月)12時まで「Early Summerキャンペーン」を実施中です。

キャンペーン期間中、初期費用無料で月額の利用料金も全契約期間とも割引になります。

 

性能重視でいま注目のサーバーがいいのであれば、ConoHa WINGがおすすめです。

独自ドメインをひとつ無料で利用できるキャンペーンをやっていることもあるのでチェックしてください。

 

» ConoHa WING

 

XSERVER

XSERVERのホームページ画像

次は大本命の定番サーバーです。

XSERVER」はエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

国内シェアはトップクラスで実績もあり、ブロガーやアフィリエイターの多くがXSERVERを利用していますので、信頼度はMAXです。

 

表示速度はConoHa WINGに一歩譲りますが、十分に高速なので全く問題ありません。

通常はレンタル料の他に初期費用が3,000円かかりますが、初期費用と独自ドメインが無料になるキャンペーンをやっていることがあるので確認してみてください。

 

  • 初期費用3,000円(無料になるキャンペーンあり)
  • X10プランで1,000円/月(12ヵ月契約の場合)  ※数十万PVでもX10プランで十分です。

今だけ!

6月17日(木)18時まで、ドメイン2つ永久無料&初期費用半額キャンペーンを実施中です。

 

多くのブロガーが使っている信頼できるサーバーがいい。というひとはXSERVERがおすすめです。

ちなみに、このサイトもXSERVERで運営していますが、いままで困ったことは一度もありません。

 

» XSERVER

 

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!サーバーのホームページ画像

最後はコスパ最強のサーバーを紹介します。

ロリポップ!レンタルサーバー」はGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーサービスです。

こちらも実績があり、多くのブロガーが使っています。

 

上で紹介した2社に比べると表示速度や容量などのスペックは少し低いのですが、スタンダードプランであれば月額500円程度で利用できるので、毎月のレンタル料を半額程度に抑えることができます

お名前.comなどで別途、独自ドメインを取得することも考慮しても、年間で2,000円~3,000円くらいはコストを抑えられますね。

 

  • 初期費用1,500円(無料のキャンペーンあり)
  • スタンダードプランであれば、500円/月(12ヵ月契約の場合)

 

特に学生の方などスペックは普通に使えればいいので、ランニングコストを少しでも抑えたい。というひとには「ロリポップ!レンタルサーバー」がおすすめです。

使っていくうちにスペックに不満がでてきたら、1,000円/月(12ヵ月契約の場合)のハイスピードプランに切り替えることもできます。

 

» ロリポップ!レンタルサーバー

 

まとめ

気に入ったレンタルサーバーを見つけられたでしょうか。

  • 性能重視で最速を求めるなら「ConoHa WING」
  • 多くの有名サイトにも使われている実績と安定を求めるなら「XSERVER」
  • コストを最優先にするなら「ロリポップ!レンタルサーバー」

 

この基準で3社から選べばOKです。

 

それではよいブログライフを!

 

※この記事に記載した初期費用、サーバー利用料等価格表示については、2020年7月時点のものです。最新の価格は各社ホームページでご確認ください。

-ブログ運営
-

© 2021 副業エキスパート