ブログ運営

【ブログの書き方】読まれる記事を書くポイント7つ

ブログの書き方
悩んでるひと
ブログを始めたけど、どうやって記事を書いたらいいのかわからない。記事の書き方を教えて。
ブログ記事を上手く書けなくて何度も書き直してしまう、記事を書いても誰も読んでくれない。
悩んでるひと

 

そんな悩みにお答えします。

 

ブログは闇雲に書いても、なかなか記事の内容はまとまらないし、たくさんのひとに読まれるような記事は書けません。

記事の書き方には基本的なセオリーがあります。

 

この記事ではブログの書き方について、大切なポイントを7つ紹介します。

7つのポイントを意識すれば、初心者でも簡単に読んでもらえる記事を書くことができるようになります。

 

ブログの書き方で大切な7つのポイント

ブログの書き方7つのポイント

ブログはたくさんのひとに読んでもらえるように記事を書くことが重要です。

先に結論から書きますが、記事を書くときに意識してほしいポイントは以下の7つです。

ポイント

  • キーワードを決めて書く
  • ターゲットを明確にする
  • 記事タイトルにキーワードを入れる
  • 結論を先に書く
  • 改行する
  • 漢字を連続させない
  • 無駄な文章を削る

 

本とは違って、ブログは途中で離脱されやすいです。

本は読むと決めてから身銭を切って買っているので、少しくらいつまらなくとも読み続けてくれます。

 

ブログはどうでしょう?

2,3回クリックすればすぐに別の記事を読めるので、ざっとみて知りたいことが書いていなそうだったら、すぐに閉じられてしまいます。

難しい文章や読みづらい記事もがんばって読んでくれるひとは少ないです。

 

ではここから、読んでもらえる記事を書くためのポイントについて一つずつ解説していきます。

 

キーワードを決めて書く

ブログ記事を書くときに初めにやることは、キーワード選定です。

 

読者の90%はGoogleやYahoo!でキーワード検索をしてブログサイトにやってきます。

どのようなキーワードで検索したときに読んでほしいのか、記事を書く前にきちんと決めておきましょう

 

ブログのテーマに関連したキーワードの中から、読者のニーズをとらえたものを選んでください。

 

ここで注意点ですが、1つの記事にたくさんのキーワードを詰め込まないようにしてください。記事1つにつきキーワードは1つに絞るようにしましょう。

1つのキーワードというのは、1語という意味ではないので、複合キーワードであれば単語は複数選んで大丈夫です。

 

キーワードを選んだら、読者の疑問や悩み(検索意図)をちゃんと理解してくださいね。
読者の疑問や悩みにきちんと答えるように記事を書いていきます。

 

キーワードの選び方については、こちらの記事で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてください。

キーワードと書かれた画像
ブログキーワードの選び方【集客力アップのコツ】

続きを見る

 

キーワードを選んだら、Googleで検索して、ライバルになる競合サイトの記事をに目を通します。

検索上位の記事にどのようなことが書かれているのか確認して、必要な要素は自分の記事にも盛り込むようにしましょう。

但し、記事そのもののパクリは絶対にNGなので注意してください。

 

自分が書こうとしてるテーマと大きくズレている場合はキーワードを見直しましょう。

 

ターゲット(読んでほしいひと)を明確にする

ブログは読者の知りたいことや疑問、悩みにわかりやすく答えてあげることが大切です。
とはいえ、ひとつの記事でたくさんのひとの疑問に答えることはできません。

記事ごとにターゲットをしっかりと絞り込んで、想定読者を具体的に設定しましょう。

 

たとえば、

24歳の会社員で社会人2年目、本業で平日は会社に行っている。

本業にも慣れてきて、新たにブログを副業にして収益化したいとおもい、WordPressでブログサイトを開設した。

が、どのような記事を書いていいのかわからず、悩んでいる佐藤さん。

という感じで、記事を書き始める前に想定する架空の読者をできるだけ具体的に決めておきましょう。

 

記事タイトルにキーワードを含める

キーワードと想定読者が決まったら、次に記事タイトルを決めます。

記事タイトルひとつでブログを読んでもらえるかどうかが決まることもあるので、しっかり時間をかけて魅力的なタイトルを考えましょう。

読者はGoogleなどの検索結果で記事タイトルをみて、その記事を読むかどうか決めます。
知りたいことが書かれていますよ。とわかる、読者が読みたくなるタイトルをつけてください。

 

また、記事タイトルには必ずキーワードを入れてください。
タイトルにキーワードを含めることで、SEO対策にもなりgoogleに記事のテーマを認識してもらうことができます。

 

記事タイトルの決め方については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

ブログのタイトルを入力
ブログ記事タイトルの決め方、集客力がアップする6つのポイント

続きを見る

 

結論を先に書く、文章構成のテンプレート

ブログは読み飛ばしが基本、どんどんスクロールしながら流しよみするひとがほとんどです。
小説などとは違って最後まで一字一句読んでくれる読者はいません。

なので最後に結論を書いていると、そこまで読んでもらえず途中で離脱されてしまいます。

 

何が書いてあるのかよくわからないけど、とりあえず記事を最後まで読んでくれるひとはいません。

最初に結論を書いてしまいましょう

記事の冒頭で、読者の知りたいことが書かれていることをすぐにわかるようにします。

 

文章構成のテンプレートを用意しました。

  1. 導入結論(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体的解説(Example)
  4. 最終結論(Point)

これはPREP法という書き方で、この順番で書いていくと読者に伝わりやすく文章もまとまってきますよ。

 

改行する。文章を4つ以上続けて書かない。

改行は多めに入れましょう

改行なしでてズラズラ文章が書いてあると読んでもらえません。

どんなに長くても文章は3つまで、4つ以上は続けないようにしましょう。

なるべく箇条書きにするのもおすすめです。

 

漢字を連続させない

漢字が多すぎると難しく感じて読みづらいです。

漢字が続くようなら、あえてひらがなを使いましょう

ひらがな7に対して漢字3くらいのバランスがいいです。

 

  • 今日昼食で天麩羅蕎麦を食べた。
  • きょう昼食で天ぷらそばを食べた。

漢字を使うよりも、ひらがな多めのほうが読みやすいですよね。

 

それと読者が読めないような難しい漢字も使わないようにしてください。

 

無駄な文章を削る

無駄に長い文章も言いたいことがよくわからなくなって、読みづらくなってしまいます。

記事を書きあげたところで何度か読み返してみて、なくてもいい文章はおもいきって削ってしまいましょう

 

SEO対策で文字数が多いほうが評価を得やすいというひともいますが、意味のない文章では評価されません。

きっと文字数そのものは評価の対象ではないけれど、読者に価値ある情報をたくさん提供している記事は、結果として文字数も多くなっているってことだとおもいます。

 

まとめ

この記事で紹介した、記事を書くときのポイントは次の7つです。

ポイント

  • キーワードを決めて書く
  • ターゲットを明確にする
  • 記事タイトルにキーワードを入れる
  • 結論を先に書く
  • 改行する
  • 漢字を連続させない
  • 無駄な文章を削る

 

これを意識して記事を書いてみると、ずいぶん書きやすくなって内容も洗練されてきます。

 

下の記事でライティング技術が身につくおすすめの本も紹介しているので、よかったら参考にしてください。

図書館のひと
参考ブログ初心者におすすめの本を厳選して紹介【これだけ読めばOK!】

続きを見る

 

それではよいブログライフを!

-ブログ運営

© 2021 副業エキスパート