ブログ運営

ブログ記事のリライトとは?SEO効果を高める手順を徹底解説

PCで作業する男性
悩んでるひと

ブログのリライトってどうやればいいの?

効果的なリライト方法を知りたい。

 

こんな悩みにお答えします。

 

ブログで収益を上げるために、リライトは超重要です。

リライトができないとブログで稼ぐことは絶対にできません。

 

この記事では、SEO効果を高める効果的なリライトの方法を解説していきます。

この記事に従ってリライトすることで、検索順位やコンバージョン率を上げることができます。

正しいリライト方法を身につけて、ブログの収益アップを狙いましょう!

 

ブログのリライトとは

検索上位を目指すひと

ブログのリライトとは、公開済みの記事を書き直したり追記したりして、より読者満足度の高いコンテンツにすることです。

公開済の記事をリライトすると検索エンジンに再評価されて、検索順位を上げていくことができます。

 

新規記事で検索上位をとるのは難しいので、何度かリライトを行って狙っているキーワードでの検索流入を増やしていきましょう。

リライトで記事内容や導線を見直すことで、コンバージョン率も上げることができます。

 

リライトのタイミング

新しい記事を公開してから1カ月間くらいは掲載順位が変動して安定しないので、記事を公開して2〜3ヵ月くらい経ったところで、リライトしていきます

 

但し、ブログを開設してから6ヵ月間未満であったり、記事数が少ないうちはドメインパワーが弱いので、まずはドメインを育てるために新規記事を増やすことに注力してください。

記事数が30~50記事くらいになってひと通り記事が揃ってきたら、過去記事をリライトしてブログ全体の品質を上げていきましょう。

 

効果的なリライトの方法

検索パフォーマンスの画面

ではここから、効果的なリライトの方法を解説していきます。

闇雲に文章を書き替えるのではなく、目的に応じて正しい方法でリライトを行いましょう。

 

リライトの手順は以下のとおりです。

リライトの手順

  • リライトする記事の選定
  • リライトの目的を決める
  • 目的に合わせてリライトする
  • 効果を検証する

ひとつずつ解説していきます。

 

リライトする記事の選定

まずはリライトする記事を選びましょう。

 

ブログを開設した直後に書いた記事はクオリティが低いので、古い記事からリライトしたくなる気持ちはわかります。

ですが、古い記事から順番にリライトして行くと時間もかかるし効果がないこともあるので非効率です。

以下の手順で記事を選定して、効果が出やすい記事からリライトしていきましょう。

 

初めにGoogle Search Consoleを使って、各記事の検索順位を確認します。

リライトするのは、検索順位が100位以内の記事にします。

100位以下の記事はリライトだけでは上位表示しづらいので、新規記事を作成して全面的に書き換えてしまいましょう。

公開済の記事のURLには301リダイレクトを設定することで、これまでのSEO評価を引き継いだまま、新規で書き直した記事に転送することができます。

 

リライトの目的を決める

記事の選定ができたら、リライトの目的を決めましょう。

検索順位を上げる、クリック率を上げる、など目的に合わせて最適な方法でリライトを行っていきます。

 

リライトするときはあとで効果の検証ができるように、いつ何をしたのか記録しておいてくださいね。

 

検索順位(SEO効果)を上げる

検索順位が低いのはコンテンツ量が少ないか、検索意図に答えられていないことが原因です。

この場合、次の対策が効果的です。

  • 検索上位の競合サイトと比較して、不足している情報を補完する。
  • 狙っているキーワードの検索意図に答えられているか?キーワードの検索意図を再調査する。
  • 古くなった情報は最新化して情報鮮度を保つ。
  • 重複ページは1つの記事に統合して、評価が一番高いページに301リダイレクトする。

 

検索上位の記事は検索エンジンに高く評価されているので、新規で記事を書くときも同じですが必ず参考にしてください。

但し、記事そのものをコピーするのは著作権違反になり、低評価を受けることになるので絶対にやめましょう。

 

クリック率(CTR)を上げる

検索結果には上位表示されているのに記事タイトルがあまりクリックされていない。

具体的には検索順位が20位以内の記事のうち、クリック率が低い記事があれば、リライトして改善しましょう。

 

なお、上位表示されていないとクリック率は0なので、20位以下の記事はまず検索順位が上がるようにリライトしてください。

記事ごとのクリック率はGoogle Search Consoleの検索パフォーマンスで確認できます。

 

この場合は、次の対策を行います。

  • 読者が読みたくなるような記事タイトルに変更する
  • 記事内容がわかりやすいようにメタディスクリプションを見直す

 

検索結果に表示される記事タイトルとメタディスクリプションをリライトすることでクリック率を改善できます。

 

記事タイトルの決め方は別の記事で解説しているので、よかったら参考にしてください。

ブログのタイトルを入力
参考ブログ記事タイトルの決め方、集客力がアップする6つのポイント

続きを見る

 

メタディスクリプションの書き方は別の記事で解説しているので、よかったら参考にしてください。

コーヒーの説明書きが書かれたボトル
参考メタディスクリプションの書き方と最適な文字数【クリック率を上げる】

続きを見る

 

コンバージョン率(CVR)を増やす

検索順位はしっかりと上位を取れていて、クリック率も悪くないのに、なかなか成果発生に繋がらない。

このような場合は、サイトの離脱率や直帰率を改善していきましょう。

 

次の対策を行います。

  • 疑問や悩みを解決できる記事だとわかるようにリード文を見直す。
  • 読者の行動設計を行って内部リンクを見直す。

 

リード文を見直すことで離脱率を改善します。

また、導線を見直してサイト内を移動しやすくすることで、アフィリエイトリンクや広告などを掲載した成果に繋がる記事を読んでもらえるように対策します。

ブログを始めたばかりで記事数が少ないうちは、内部リンクを張れていなかったり、不自然な訴求があったりします。

関連する記事も増えているので、見直してみましょう。

 

効果を検証する

リライトを行ったら、必ず効果を検証しましょう。

検索順位を上げる対策をしたのなら、Google Search Consoleを使って、検索順位や上がっているか確認してください。

コンバージョン率への対策をしたのであれば、Googleアナリティクスを使ってPV数や滞在時間、直帰率が改善しているか確認してください。

 

なお、リライトの効果はすぐには反映されないので、検証はリライトしてから1ヵ月くらい経ったところで行ってくださいね。

 

まとめ

効率的なリライトの方法について解説しました。

リライトの手順

  • リライトする記事の選定
  • リライトの目的を決める
  • 目的に合わせてリライトする
  • 効果を検証する

 

リライトで大切なことは、読者の役に立つコンテンツに記事を育てていくことです。

正しいリライトで記事の検索順位やコンバージョン率を上げて収益アップを狙いましょう。

 

それではよいブログライフを!

-ブログ運営
-, ,